読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

永遠の初心者TCGプレイヤー

ポケモンカードとPTCGOに関する雑記です。

【デッキ紹介】倍返しバットデッキ〜サン・ムーン環境を見据えて〜

 ポケカを始めた当初から組みたいと思っていたバットラインを採用したデッキの紹介です。紹介記事の前にちょっとしたポケカの近況として、ポケモンカードシングル取扱店の老舗チェルモにて以下のつぶやきがありました。


 マグマ団の秘密基地が品薄状態の理由としては、当ブログでも取り上げました海外大会でのギャラドスデッキ入賞が影響していると考えられます。
(海外で入賞したギャラドスデッキの記事をまだ読んでいない方は下記リンクからお願いします。)

pokeudon.hatenablog.com

 自身も通販で購入しようとギャラドスデッキの記事を投稿した前後にカートには入れていたのですが、送料無料ラインまで金額が届かず次回へお見送りとしていて、先程確認したら在庫無しになっており時期を逃してしまいました。

 前置きが長くなっていまいましたが今回紹介するデッキについても今が旬のマグマ団の秘密基地を採用したバットデッキになります。またしても机上の空論となり、実戦経験0ではありますが見ていただけると幸いです。

〜目次〜
1.デッキリスト
2.デッキコンセプト

3.ソーナンスとグレイシアのメリット・デメリット
4.サン・ムーン環境を見据えたデッキの動き


1.デッキリスト
 今回紹介するデッキは、コンセプトを変えずに採用したアタッカーの違いで2種類あります。
・ナンスバット

f:id:Udondon:20161113184137j:plain

 アタッカーにソーナンスを採用し、超タイプ以外の特性をロックすることでゲーム速度を落としてバットラインでのダメージ蓄積時間を稼ぐことが可能です。ファントムゲート発売直後に注目を集めたデッキですが、環境の高速化とグッズロックが流行するにつれ衰退していったようです。

・グレイシアバット

f:id:Udondon:20161113184141j:plain

 こちらはアタッカーにグレイシアEXを採用し、闘魂のまわしとの組み合わせで耐久力の底上げ、マグマ団の秘密基地でベンチにいるポケモンに載せたダメカンをアブソルで移動してバトル場のアタッカー処理速度をあげています。

2.デッキコンセプト
 バットラインの特性でバトル場のポケモンにダメカンをのせ、ソーナンスやグレイシアEXの技で相手のバトルポケモンにのっているダメカンの数×2倍のダメージを与えてポケモンを処理します。バットライン以外にもマグマ団の秘密基地を利用してダメカンを予め2個のせたり、ニャオニクスEXを利用して自身のポケモンにのったダメカンを相手に移動することが可能です。グレイシアバットではソーナンスで特性の邪魔がないためダメ押しの手段としてアブソルでダメカン3つ移動も可能となります。

f:id:Udondon:20161113192902j:plainf:id:Udondon:20161113192859j:plainf:id:Udondon:20161113192855j:plain

ゴルバット
特性:こっそりかみつく
この特性は、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。相手のポケモンを1匹選び、ダメカンを2個のせる。
クロバット
特性:とつぜんかみつく
この特性は、このカードを手札から出して進化させたとき、1回使える。相手のポケモンを1匹選び、ダメカンを3個のせる。

3.ソーナンスとグレイシアEXの使い分け
 ソーナンスとグレイシアEXの採用については一長一短なので環境に合わせて変えてみるのもおもしろいと思います。採用に当たって互いのメリットやデメリットについては以下のとおりです。

f:id:Udondon:20161114210438p:plain

4.サン・ムーン環境を見据えて
 このデッキでこれからのサン・ムーン環境に対応するならば"グレイシアバット"かなと個人的に思います。理由としては、既出のGXポケモンが進化が多いためグレイシアEXのクリスタルレイが有効に働く、GXの進化前を技ではなくシステムポケモンとマグマ団の秘密基地で処理可能な場面がありそうなどがあげられます。

記事に対して何か質問や意見があればブログにコメントをするかTwitter(@ENe_uhouho)の方にリプをいただけると幸いです。
ここまで見てくださった方ありがとうございました。